点滴療法

当院では点滴の際に痛みを和らげる目的で経皮吸収の痛み止めである「ペンレステープ(局所麻酔薬テープ)」を使用いたします。(強制ではありません。)

二日酔いでも、次の日頑張りたい方にお勧め

アルコールをたくさん飲みすぎると、身体は血管内脱水を起こしやすい状態となります。また、二日酔いはアルコールが肝臓で処理しきれなかったアセトアルデヒドという物質が原因で起こります。当院では、二日酔いでも翌日仕事を頑張りたい方に、アセトアルデヒドを身体の外にデトックスしながら、脱水をビタミン、ミネラルを含んだ点滴で補う治療をいたします。アルコールを飲む機会が多い方は是非一度お試しください。

費用

1回4,000円

※価格はすべて税抜きです。

脂肪燃焼+代謝アップしたい方に

「L-カルニチン」、「α‐リポ酸」、「アミノ酸」、「ビタミン」配合した点滴です。
食事中の脂肪の90%は中性脂肪です。中性脂肪は分解されて、グリセロールと脂肪酸になります。L-カルニチンは、この脂肪酸をミトコンドリア(エネルギー生産を行なう細胞中の器官)内部へ運搬する重要な役目を持っているので、点滴で血管内に直接投与することで、体に溜まっている脂肪を順次エネルギーとして使用し、無理なく脂肪燃焼を促すことができます。
また、補酵素であるαリポ酸は、強力な抗酸化作用を持ち、三大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂肪)の代謝において欠かせない役割を担っているため、基礎代謝量を上げることができます。
最近太りやすくなった、メタボリック気味であるとお悩みの方はぜひお試しください。

治療内容

約30分かけて点滴投与します。

費用

1回3,000円

※価格はすべて税抜きです。

副作用

  • 発疹
  • かゆみ
  • 低血圧

注意)BIM=体重Kg÷(身長m X 身長m)が22以下の方はご遠慮いただいております。

マイヤーズカクテル点滴

人間に必要な栄養素であるビタミンやミネラルを点滴投与する治療法のことです。
ビタミンB1、B2、B3、B5、B6、B12、ビタミンC、マグネシウム、カルシウムなどが含まれています。
このビタミンやミネラルを直接血管内に投与し、血中濃度を急速に上昇させることで栄養学的効果だけでなく薬理学的効果も期待できます。
全身倦怠感・慢性疲労の改善、片頭痛の改善、こむらがえり、など様々な効果が期待できます。

治療内容

ビタミンやミネラルを含んだを点滴を30分かけて点滴投与します。

費用

1回7,000円
6回35,000円

※価格はすべて税抜きです。

副作用

  • 低血圧
  • 低K血症
  • 失神
  • 悪心・嘔吐

これらの副作用は急速投与によるものがほとんどで、ゆっくり投与することで回避することができます。

お疲れの方に 短時間でできる注射

疲労の回復に効果的とされている、ビタミンB群をはじめとし、抗酸化作用の強いビタミンC、筋肉弛緩作用のあるMgなどの成分を豊富に配合した注射です。

なかなか取れない疲れや倦怠感の原因物質である「乳酸」の分解に働きかけ、疲労を回復させる効果が期待されます。健康維持のケアとしてもおすすめです。

費用

1回2,500円
6回12,500円

※価格はすべて税抜きです。

高濃度ビタミンC点滴

ビタミンCは、体内で発生する活性酸素を中和して細胞の代謝を活性化し、抗酸化作用を発揮します。
細胞の代謝が活性化することにより老化・生活習慣病の予防を期待でき、また免疫力が上昇することで、病気予防や疲労回復に幅広い効果が期待きます。
さらに、美容面に関しては、メラニン生成抑制・コラーゲン合成促進の働きもあるためシミ、肝斑の改善、美白効果、シワやたるみの改善も期待できます。
厚生労働省では1日100mgのビタミンC摂取を推奨していますが、これは欠乏症にならない最低量であり、ヒトの体内で生成することができないビタミンCをしっかり摂取することが大切です。
高濃度ビタミンC点滴の場合、内服摂取に比べ血中濃度が何十倍にも高まるというメリットがあり、より高い効果を期待できます。
当院で行う高濃度ビタミンC点滴では、内服では1回で体内に摂取することが難しい量のビタミンCを点滴で投与することが可能です。
また、アレルギーの時期には抗アレルギー効果も期待できます。

治療内容

ビタミンCを含んだ高濃度ビタミンC点滴を30分かけて点滴します。

費用

検査料3,500円(初回のみ)

※当院では高濃度ビタミンC点滴を行う方には全例で初回のみ、G6PD活性測定検査を行います。検査は4分ほどで行うことができます。

12.5g1回8,000円
6回40,000円
25g1回12,000円
6回60,000円

※価格はすべて税抜きです。

副作用

  • 血管痛
  • 内出血
  • 低血糖
  • 低Ca血症
  • 吐き気

幹細胞培養上清液

幹細胞とは、体のさまざまな種類の細胞の元となる細胞のことです。新生児の時には体に多く存在しています。この幹細胞を培養した際に分泌されたサイトカインを豊富に含んだ液体のことを、幹細胞培養上清液と呼びます。

サイトカインとは、細胞から分泌される成長因子(たんぱく質)のことで、体内でダメージを受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たし、老化で傷ついた細胞の修復を行います。
そのため、この幹細胞培養上清液を点滴で体内に投与することで様々な健康回復、増進、美容に対する効果が期待できます。

幹細胞について詳しくはこちら

幹細胞培養上清液の主な機能

炎症を抑える機能
破壊された組織臓器では強い炎症が起きています。生理活性物質はその炎症を抑えます。
炎症で傷ついた細胞を保護する機能
炎症を抑え、傷ついた細胞を保護する機能によって、破壊された組織や臓器に対する緊急対応を行います。
体内に存在している幹細胞を誘導する機能
傷ついたり、破壊された幹細胞本来の機能を呼び覚ましたり、その周りに存在する幹細胞を誘導したりして損傷部に健全な幹細胞を集めて増殖させ、必要な細胞に分化させます。
新たな血管を作る機能
新しくできた血管を通して、再生された組織や臓器が機能するために必要不可欠な酸素や栄養素を運びます。

費用

1ml10,000円
2ml20,000円
3ml25,000円

※価格はすべて税抜きです。

グルタチオン点滴

グルタチオンとは3つのアミノ酸(グルタミン酸-システイン-グリシンの)が結合してできたもので、強力な解毒作用や抗酸化作用を持っています。
日本では薬物中毒、悪阻、妊娠中毒、慢性肝炎の治療にも使用されてきた、安全性の高い医薬品で、デトックス、疲労回復効果が期待できます。
また、メラニンの生成を抑える効果があるため定期的に打つことで美白効果も期待できます。

グルタチオンは脳内においても重要な抗酸化物質の一つです。
パーキンソン病患者の脳内においてこのグルタチオンが減少していることが分かっており、パーキンソン病患者にグルタチオンを投与し症状が改善する報告をイタリアのSassari大学やDr.Perlmutter氏がしており、パーキンソン病の症状改善に対し臨床研究が進行中です。
有効率は40~50%とされております。効果がすべての症例において出るわけではありません。

正常のドーパミンの生成と活性酸素
黒質からドーパミンと活性酸素が同時に生成される。この活性酸素は内因性グルタチオンが消去するためドーパミン生成に影響はおきない。
パーキンソン病
内因性グルタチオンの低下により活性酸素の消去が行われなくなり、黒質に傷害が起こる。それによりドーパミンの生成が低下する。
パーキンソン病における
高濃度グルタチオン点滴
活性酸素が外因性グルタチオンにより消去されると黒質の障害が改善、ドーパミンの生成が回復する。

デトックス、疲労回復、美白効果を期待したい場合

800mg1回8,000円
6回40,000円
1200mg1回10,000円
6回50,000円
2000mg1回15,000円
6回75,000円

※価格はすべて税抜きです。

パーキンソン病の場合

治療方法
  • 初回投与量はグルタチオン800mgを15~20分で点滴投与し、徐々に増量、通常は1400~1600mgを投与します。
  • 頻度は週2〜3回を3か月間施行します。
  • 治療開始から1か月で効果判定を行います。
  • 有効率は40~50%とされております。効果がすべての症例において出るわけはありません。
  • パーキンソン病でグルタチオン点滴を行う場合は料金設定が変わりますので、クリニックへお問い合わせください。

副作用

  • 発疹
  • 食思不振
  • 悪心・嘔吐

プラセンタ療法

胎盤から抽出したプラセンタエキスは、美肌やアンチエイジング効果があります。アトピーの治療にも使用。

母体と胎児を結んで赤ちゃんを育てる胎盤には、アミノ酸やたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素や様々な酵素が含まれています。

肩こりや冷え、貧血、倦怠感、更年期症状、生理痛などの不調の緩和を促す働きが期待されます。また、美肌ケアの一環としてもご提案しております。

プラセンタについて詳しくはこちら

費用

1アンプル1回1,500円

※価格はすべて税抜きです。

花粉症注射

花粉症などによるアレルギー症状向けの注射治療です。
当院の花粉症注射はステロイドを一切使用しておらず、天然系の抗アレルギー剤を用いてアレルギー症状の緩和・軽快を促します。

アレルギー症状が出始める約1か月前から治療を開始することをおすすめしております。
ヒスタグロビン1V+をノイロトロピン1.5mlに溶解し皮下注射します。
1クール3回を2~3週間以内に実施します。この注射はおよそ3か月ほど効果が持続します。
(ヒスタグロビン:好酸球浸透抑制:アレルギー疾患治療薬) つらい花粉症で長年お悩みの方は一度お気軽に当院へご相談ください。

  • 薬剤名:非経口生ワクチン(麻疹、おたふくかぜ、風疹、これらの混合ワクチン及び水痘ワクチン等)
  • ※生ワクチンの効果が得られないおそれがあるので、生ワクチンの接種は本剤投与後3ヶ月以上延期すること。

費用

1回3,000円

※価格はすべて税抜きです。