診療案内

当院は訪問診療(施設訪問)と、外来では自費診療による点滴療法、保険診療による一般内科も行うクリニックとして、皆様の健康維持、予防医療に力を入れて診療を行います。

訪問診療

医師が主に施設を訪問し、定期的な診察・健康管理をいたします。
医師だけでなく、訪問看護師や訪問薬剤師とも連携をとり、診療を行なっていきます。
訪問地域などご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。

点滴療法

点滴療法とはビタミン、ミネラルなどの有効成分を、点滴によって静脈に投与する方法です。

当院では点滴の際に痛みを和らげる目的で経皮吸収の痛み止めである「ペンレステープ(局所麻酔薬テープ)」を使用いたします。(強制ではありません。)

  • 花粉症注射(保険診療)
  • 幹細胞培養上清液による治療
  • 高濃度ビタミンC
  • マイヤーズ・カクテル点滴
  • グルタチオン点滴
  • プラセンタ療法

詳細はこちら

一般内科外来

ご予約の方優先で一般内科外来を行います。
火曜日午後は完全予約制となります。
必要に応じて採血検査、尿検査も行います。
予防接種については、インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチンの接種を行います。
※急患対応がある際は外来診療時間が変更になることがあります。

高齢者向けの肺炎球菌予防接種を初めて受けられる方
【令和2年3月末までの対象者】
誕生日が昭和30年4月1日以前の方
(または満60〜満64歳で一定の基礎疾患がある方)
※過去に接種を受けた事がある方はこの制度の対象となりません。
(全額自費で接種を受けることは可能です。)

【費用:4,000円】
(市民税非課税世帯の方等は免除制度有)
※2回目以降の接種については全額自費になります。

検査・療法

遅延型フードアレルギー検査
遅延型フードアレルギーとは症状が遅れて現れるアレルギーです。
「遅延型アレルギー」や「食物過敏」と呼ばれ、食べた6~24時間後に身体がゆっくりと炎症を起こします。
ファスティング
ファスティングとは、一定期間中、固形物をとらず、発酵飲料でしっかり栄養をとりながら、腸内環境を整えてあげることです。

詳細はこちら